2014年4月16日

みおふぉんに換えるとどれだけ節約可能?

みおふぉんにMNP転入が始まりました
MNPで番号を取得して、MNP転入によりIIJmioのSIMにすれば通信料金の大幅な節約が可能になります
(データ通信を月に1~3Gしか使っていない場合。月に3G以上使っているならそのままがよいと思います)

音声通話機能付きSIMカードにおけるMNP転入及び各種機能提供開始のお知らせ
https://www.iijmio.jp/info/iij/20140415-1.html

6/30 みおふぉん夏割!はじまったので文章中の料金を修正しました
https://www.iijmio.jp/campaign/summer/
音声通話機能付帯料 1000円が700円になりました

9/19 値段据え置きで月の通信容量が2倍になりました
https://www.iijmio.jp/info/iij/20140918-1.html
1GB→2GB
2GB→4GB
3GB→7GB

みおふぉんとは?

・IIJmioの音声付データ通信SIMです
・電波や基地局はNTTdocomoの設備を利用しているのでdocomoのサービスエリアそのまま使えます
・docomoのXi端末やSIM Free端末ならSIMを差し替えるだけで利用できます
auやsoftbankの端末は基本使えないと思って問題ないです(SIM Lockされているため)

・動作確認済み端末
https://www.iijmio.jp/hdd/service/devices.jsp?l=0m365a
申込み前に必ず利用可能かご確認ください


みおふぉんの料金プラン

音声通話 20.0円/30秒(税抜)(他社LTE料金と同等)

・ミニマムスタートプラン SIM1枚 月1600円(税抜)
データ通信 2Gまで 900円 音声通話機能付帯料 700円

・ライトスタートプラン SIM1枚 月2220円(税抜)
データ通信 4Gまで 1520円 音声通話機能付帯料 700円

・ファミリーシェアプラン SIM3枚まで データ通信は3Gを分かち合う
SIM1枚の場合 月3260円(税抜)
SIM2枚の場合 月4260円(税抜)
SIM3枚の場合 月5260円(税抜)
データ通信 7Gまで 2560円 音声通話機能付帯料 700円

月末までにデータ通信の容量を使い切った後は200kbpsに制限。解除するには追加容量を購入100MB/200円(税抜)

なにがよいかというと、ファミリーシェアプランをSIM3枚で利用したときに一番メリットがあると思います。月3Gという制限がありますが、料金が大幅に安くなるでしょう
 音声通話は有料なので、家族間の通話はLINEとかIP電話とかでしょうか

3台持ちの家族で一台5000円使っている家族とかが乗り換える候補としてはアリなんじゃないかと思います。(通話料別で1万円くらい節約)

もちろん一人でデータ通信月2Gも使わないという人もミニマムスタートプランにすれば、月1600円で済むので大幅な節約ができると思います


デメリット

MNP転入する場合、SIMが届くまで数日利用できません

フィーチャーフォンには使えないのと、MNP転入すると携帯電話キャリアのメールがなくなります(例:docomo.ne.jp ezweb.ne.jp softbank.ne.jp)

キャリア独自のサービス、例えばらくらくスマホのつながりほっとサポート受けれなくなります(送信も受信も不可に)

1年以内のMNP転出には音声通話機能解除調定金がかかります。最大12*1000円(税抜)

ファミリーシェアプランにMNPできるのは1番号だけ。他2番号は追加発行
2回線MNPする場合は
「ミニマム」+「ミニマム」
「ミニマム」+「ライト」
「ミニマム」+「ファミリー」
と必要な容量ごとにMNPすればよいと思います


まとめ

更新月に上手く乗り換えると、違約金9500円(税抜)なし、MNP発行手数料と事務手数料2000+3000円(税抜)ですむので覚えておくとよいでしょう
キャリアの料金プランが値上がり傾向にあるので、家族や自分の利用状況、更新月をきちんと把握しておけば上手に通信費を節約できると思います



スポンサーリンク


関連する記事:20件


  • follow us in feedly