2014年4月26日

docomo 2in1の短期手数料値上げと決算資料から読み取る今後のMNP方針

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/change_release/mnp_release/index.html

※2014年5月14日以降に、携帯電話のご購入を伴わない新規ご契約(ドコモUIMカード単体の新規ご契約、2in1Bナンバーのご契約)を行うお客様は、90日以内に携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約を行う場合、手数料が5,000円となります。なお、2014年5月13日以前にご契約のお客様は、契約期間にかかわらず、2,000円となります。

いつも2in1契約から90日以上経過後にMNP転出するので関係ないのですが、短期でMNP転出する人は2000円が5000円に値上がりです

docomo 決算説明会資料

説明会資料
https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/library/presentation/index.html

2014年3月期 決算説明会資料 (PDF形式:2.41MB) 61ページ

詳細は中を見ていただくとして私が興味を持ったのは
最後の月々サポート、販売費用、ネットワーク費用を適切にコントロールし、費用の効率化を図るです

噛み砕くと「月々サポート減」「販売促進費(キャッシュバック)減」「ネットワーク費用(パケット料金)値上げ」で効率をあげると読み取れました

do1404261.png


設備投資 LTE 2189(2012年度)→3878(2013年度)→4650(2014年度) と基地局にお金かけますね。繋がりやすくなるでしょう
do1404262.png


2014年度にはiモード契約とspモード契約が逆転しているのでスマホファースト&レスポンシブデザインでしょう
去年くらいから地元友人たちがフィーチャーフォンからスマホに変えているのでiモードが減ってspモードが増えている感覚はすごくあります
2013年度ではiモードとspモードの比率は53%と47%位ですね

do1404263.png

2014年度通期予想のiモード22,700は 26,415-6273=20,142 くらいじゃないのかなーとおもいますが
あまり減ってない予想ですね

まとめると、キャッシュバックはあまり期待できそうに無いですし、月々サポートも減りそうです。2,3月にならないとわかりませんが一括0円とか無くなりそうです

9月以降の新規契約は、契約単価もあがるので3月にauに入れた2回線は8月にdocomoにMNPかなと思います(目標はXperia Z2f)ちょうど6ヶ月目なのでブラックになることも無いと思います

3月(1ヶ月目)
4月(2ヶ月目)
5月(3ヶ月目)
6月(4ヶ月目)
7月(5ヶ月目)
8月(6ヶ月目)

auの新料金プランいつでるのでしょうか、softbankは引っ込めたし興味深いです
パケットフラット維持しないと21,000円の違約金かかるのでsoftbankという選択肢はありません

前年、前々年のデータとか見てたら面白かったので紹介

設備投資 LTE 923(2011年度)→2189(2012年度)→予想3560 実際3878(2013年度)
予想より318億円上積みしています

do1404271.png

2013年度予想ではiモードとspモード契約者数が逆転していると予想していましたが
実際にはスマホの使い方がわからない層がいたので逆転しませんでした。ブレーキがかかった感じ

2013年度予想の数値が2014年度予想数値とあまり変わらないw
2012年度ではiモードとspモードの比率は64%と36%位ですね

do1404272.png


Xi 2年目

設備投資 LTE 260(2010年度)→923(2011年度)→予想1730 実際2189(2012年度)
予想より459億円上積みしています

do1404275.png

2011年度ではiモードとspモードの比率は82%と18%位ですね

do1404276.png


LTE Xiへの投資が始まった年

設備投資 LTE 260(2010年度)→予想790 実際923(2011年度)
予想より133億円上積みしています

do1404273.png

まだまだXi利用者は少ないですね

do1404274.png

ここ3年でLTEとスマホが普及しているのがよくわかります。2010年末にでたてのAndroidとフィーチャーフォンをどちらにするか迷って、フィーチャーフォン(P-03C)にして正解だったと思ったのですが、あの時不具合の多いAndroid触り始めてたら別の道もあったかもとか思いました

音声ARPU 2530→2200→1730→1370
パケットARPU 2540→2670?→2690→2640

MVNO simと2in1からのポートアウトで年々あがっているのでしょうか?
解約率 0.46→0.47→0.60→0.82→0.87

スポンサーリンク


関連する記事:6件


  • follow us in feedly