2018年8月18日

楽天証券のつみたてNISAで楽天ポイントをめちゃくちゃ貯める方法

実際に貯めたポイントはこんな感じ
1532443311.jpg
1532443668.jpg
1月に気づき本格的に貯めだしたのが2月から
投資信託は上げたり下げたりの相場で増えていませんが、代わりに楽天ポイントが確実に増えてます

なぜつみたてNISAで楽天ポイントが貯まるのか?

なぜかというと、「楽天銀行のハッピープログラム」をうまく使っています
ハッピープログラムに登録すると「口座振替(自動引落)」があると1件あたり1ポイント手に入ります

r1808161.png

初月「楽天証券のつみたてNISAの引き落とし口座」を、楽天銀行にして「口座振替(自動引落)」で1件毎に1ポイント
翌月(月の取引が20件以上で)「VIP会員」以上に昇格し、1件毎に3ポイント

必要なもの:
・楽天証券のつみたてNISA口座
・楽天銀行の口座
楽天銀行のハッピープログラムへのエントリー(初回) ここから可能 
楽天証券と楽天銀行を繋ぐマネーブリッジの設定 ここから可能

具体的な手順:

楽天証券でつみたてNISAの設定で毎日積立をする場合
1年は365÷7=52.14 52週
2018年の年間祝日は16日なので、積立できる日は「52÷5-16」244日
つみたてNISAの上限である年間40万円を244日で割ると1639.34円

つみたてNISAで1銘柄の最低金額は100円、最大15銘柄まで積立ができます(20営業日*15銘柄*3ポイント)
例えば100円が14銘柄,239円が1銘柄といった感じ

つみたてを毎日100円設定する場合:
楽天証券にログインした後
NISAつみたてNISA→積立注文→ファンド一覧から選ぶ
キーワードにこの下で紹介するファンドをいれて積立注文

1.積立タイミングの設定
 毎日を選択
2.引落の設定
 毎日を選ぶと自動的に「証券口座」になります
3.金額・分配金の設定
 100円を入力 分配金は再投資型を選択
r1808181.png
オプション:
 増額しない
「目論見書の確認へ」をクリック
r1808182.png
目論見書を確認後積立


特におすすめ5銘柄 楽天証券の確定拠出年金でも選べる

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
たわらノーロード 先進国株式
たわらノーロード 日経225

それ以外の銘柄

ひふみプラス アクティブ
ニッセイ日経225インデックスファンド
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 20.2億 18年7月3日開始
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 36.7億 17年2月27開始
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
iFree S&P500インデックス
iFree 8資産バランス
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド

※資産規模が50億円以上で、絶対に繰上償還されない銘柄を選ぶこと
お金が集まらない投資信託は、運用途中に運用終了して解散してしまうことがあります

ハッピープログラムうまく使わないともったいない

もし楽天証券でつみたてNISAをやっていてこの方法を知らなかった場合は真似してみてください
貯まったポイントは、今年中につみたてNISAに使うこともできるようになるみたいですし、投資信託を買うのにも利用できます

楽天銀行の口座をお持ちでない場合は下記からお申込みください
この方法を使えば「毎月7回コンビニATM無料、振込も3回まで無料」になります

スポンサーリンク


関連する記事:4件


  • follow us in feedly