2017年12月 1日

個人型確定拠出年金(iDeCo)の利用を考える

2017年1月に制度改正され今まで入れなかった
・企業年金あり会社員
・公務員
・専業主婦(主夫)
最低5000円から始められ注目度が高くなってきた個人型確定拠出年金を検討してみました

個人型確定拠出年金とは
積み立てた年金資産は加入者自らが運用し、老後に受け取る金額が変わる
平たく言うと自己責任で銘柄や売買タイミングを選んで積み立てる

参考:
http://www.jis-t.kojingata-portal.com/about/dc.html

毎月の掛金、費用

毎月の掛金:
2017年1月以前からの加入資格者
第1号被保険者(自営業者、フリーター、無職など):国民年金基金、付加年金、個人型確定拠出年金の合計で月68,000円
第2号被保険者(企業年金制度がない会社員):月23,000円
2017年1月より加入資格者
第2号被保険者(公務員):月12,000円
第2号被保険者(企業型確定拠出年金がある):月20,000円
第2号被保険者(確定給付企業年金または厚生年金基金がある):月12,000円
第2号被保険者(企業型確定拠出年金の他に、確定給付企業年金または厚生年金基金がある):月12,000円
第3号被保険者(会社員の配偶者で専業主婦・主夫):月23,000円

費用:
加入時 2777円(1回のみ)
国民年金基金連合会 103円/月
信託銀行 64円/月
楽天証券,SBI証券,大和証券,マネックス証券 0円(取扱い会社により異なる)
毎月積立なら167円。積立なしなら64円必要


メリット、デメリット

メリット
運用中の利益は非課税 (所得税、住民税、復興特別税 合計20.315%がない)
掛け金は全額所得控除(小規模事業共済等掛金) 所得税と住民税が減る どれくらい減るかは労金のサイトで https://rokin-ideco.com/setuzei
・最後(受取時)に税金を選択できる
 一時金としてお金を受け取る:退職所得控除 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm
 年金としてお金を受け取る:公的年金等控除 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

デメリット
原則60歳まで引き出せない(高度障害、死亡時など)
加入から10年以上ないと受け取りできない
・会社によっては、企業型確定拠出年金に加入していて入れないことがある
・会社員・公務員は「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」を事業主に記述、捺印してもらう必要あり(総務に申請しましょう)
・退職金をたくさんもらえる方は、確定拠出年金を一時金で受け取ると不利になることがある(大企業の会社員や公務員)
 個人型DC、課税に差が出る受け取り方
 退職金と個人型確定拠出年金を「同じ年に受け取る」のは要注意!

銘柄の選択
つみたてNISAで、投資信託の銘柄を選択してから「確定拠出年金」の取扱商品一覧を見ると、あれっ?と思うような商品がのっていたりするので、つみたてNISAをしっかり考えてから、確定拠出年金の利用を考えると良いでしょう
https://kuni92.net/2017/11/tumitate-nisa.html

独り言
 大企業の会社員や公務員は確定拠出年金に入らず、手元資金として残すか、つみたてNISAが良い
 第3号被保険者(主婦・主夫)は控除額を増やすメリットがないので、つみたてNISAが良い
 新規で(第2号被保険者、第3号被保険者)加入できるようにしたのは、何のためなんでしょう?(制度改正により認知は上がりました)

楽天証券で考える(商品28本)

確定拠出年金(iDeCo)ガイド
https://dc.rakuten-sec.co.jp/pdf/guide/imakara.pdf
楽天証券 取扱商品一覧
https://dc.rakuten-sec.co.jp/pdf/guide/dorekara.pdf
楽天証券 iDeCo 取扱商品一覧
https://dc.rakuten-sec.co.jp/service/product/

つみたてNISAでも使える商品を強調 強調してないのは正直微妙(純資産額は17/12/1時点)

国内株式
 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.1728% 95.61億
 たわらノーロード日経225 0.2106% 29.69億
 iTrust日本株式 0.9612%
 MHAM日本成長ファンド<DC年金> 1.674%
 フィデリティ・日本成長株・ファンド 1.6524%

海外株式
 たわらノーロード 先進国株式 0.243% 172.51億
 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.594%
 ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.458%
 iTrust世界株式 0.9612%

セゾン(つみたてNISAではアクティブファンド扱い)
 セゾン・資産形成の達人ファンド 1.55% 534.82億
 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 0.71% 1528.48億

定期預金
 みずほDC定期預金(1年)

https://dc.rakuten-sec.co.jp/

12/23以降追加
 楽天・全世界株インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
 コモンズ30ファンド
バンガード・ファンド全米株式は、たわらノーロード以外の選択肢として期待できそう

SBI証券で考える(商品65本)

楽天証券と違い扱っている商品が多いのが特徴
つみたてNISAでも使える商品を強調

国内株式 日本
 三井住友・DCつみたて・NISA・日本株インデックスファンド 0.1728%
 ニッセイ-DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.2052%以内
 SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金> 0.2592%
 ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド 0.27%
 野村DC・JPX日経400ファンド 0.27%以内
 朝日ライフ日経平均ファンド 0.54%
 ONE HMAM TOPIXオープン 0.720%
 ONE 日経225ノーロードオープン 0.864%
 三井住友・バリュー株式年金ファンド 1.404%
 三井住友TAM DCグッドカンパニー 1.5336%
 SBI SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> 1.62%
 フィデリティ-フィデリティ・日本成長株・ファンド 1.6524%
 スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド (愛称:対話の力) 1.8634%+実績報酬
 
国内株式 グローバル
 レオス-ひふみ年金 0.8208%
 ポートフォリア-みのりの投信(確定拠出年金専用) 1.674%

国際株式 グローバル
 ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス 0.2268%
 日興-インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) 0.3024%
 SBI-EXE-iグローバル中小型株式ファンド 0.3304%程度
 SBI-EXE-i先進国株式ファンド 0.3814%程度
 三井住友TAM-DC外国株式インデックスファンド 0.864%
 ラッセル-ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.458%
 キャピタル・インターナショナル-キャピタル世界株式ファンド(DC年金用) 1.5406%程度
 朝日-朝日Nvestグローバル バリュー株オープン (愛称:Avest-E)1.944%

国際株式 北米
 大和-iFree NYダウ・インデックス 0.243%
 農林中金-農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド 0.972%

国際株式 エマージング・アジア
 SBI-EXE-i新興国株式ファンド 0.3794%程度
 三菱UFJ国際-三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド 0.594%
 シュローダー-シュローダーBRICs株式ファンド 2.0304%
 SBI-ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド 2.0972%

定期預金
 あおぞらDC定期(1年)
 スルガ確定拠出年金スーパー定期1年
 スミセイの積立年金保険(5年)
 第一のつみたて年金保険(5年)


純資産で考えると
国内株式は「ニッセイ日経225インデックスファンド」(日経225)か「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」(TOPIX)
海外株式は「DCニッセイ外国株式インデックス」でしょうか?

https://site0.sbisec.co.jp/marble/insurance/dc401k/search/dc401ksearch.do?

将来的に現在65本の商品数が35本まで減ります
iDeCoの商品数上限も35本に、デフォルト商品も明示へ=改正DC法の要件固まる
https://ideco.morningstar.co.jp/ideconews/001019.html

大和証券で考える(商品16本)

支店での対面窓口で相談したい場合は、ここを選びましょう
ネット証券にはないサービスがあります

http://dc.daiwa.jp/ideco/lineup-02.html

国内株式
 DCダイワ日本株式インデックス 0.27%

海外株式
 DCダイワ外国株式インデックス 0.27%

定期預金
 あおぞらDC定期 1年

http://dc.daiwa.jp/ideco/

マネックス証券(商品22本)

17年9月30日から申し込み受付開始
https://info.monex.co.jp/news/2017/20170912_03.html


基本投資戦略、積立金額

基本戦略:
定期預金で積立、株価下落時に「国内株式:海外株式」に入れ替える(スイッチング)
株価上昇時は「国内株式:海外株式」より、定期預金に入れ替える(スイッチング)
いつスイッチングするかは、購入時より1.5倍とか2倍とか3倍とかルール決めしておくこと

積立金額:
企業年金制度がある方や公務員の上限が12000円なので12000円で良いでしょう
余裕があるなら、23000円か最大の68000円

30年続けた場合:
30年×12,000円×12ヶ月=432万円
30年×23,000円×12ヶ月=828万円
30年×68,000円×12ヶ月=2448万円
手数料
30年×167円×12ヶ月=60,120

20年続けた場合:
20年×12,000円×12ヶ月=288万円
20年×23,000円×12ヶ月=552万円
20年×68,000円×12ヶ月=1632万円
手数料
20年×167円×12ヶ月=40,080

迷った場合は「12,000円」「定期預金」でよいのではないでしょうか

参考: 山崎元さんの記事
急拡大の「iDeCo」活用4つのポイント、山崎元がシンプル解説
http://diamond.jp/articles/-/145207
投資信託はこう選べ!山崎元が「4つの勘所」を徹底解説
http://diamond.jp/articles/-/140258
「絶対儲かるうまい話」が本当にあった!確定拠出年金が激変
http://diamond.jp/articles/-/92231
「お金の問題」で後悔しないために、運用以外で大切なこと
http://diamond.jp/articles/-/76130

ざっくり端折ると
インデックスファンドで運用し、先進国株:日本株(TOPIX連動)=6:4、信託報酬 0.3%以下
から選ぶと良いとのこと

スポンサーリンク


関連する記事:2件


  • follow us in feedly