2016年3月16日

Windows8とwebカメラで、遠隔地のiPad操作確認が簡単にできた

表題どおりですが

母が新しくiPad Mini 2を買った(apple再生品)。使っていたiPad2は弟の所に

電話しながら設定がよくわからん、こっちも見えないので状況がよくわからん
という不毛なやり取りをしていまして

Microsoft webカメラ買えば解決するんじゃね?

天から何か降りてきて(閃いた)Amazonで送りました
届いた後は、Windows8.1にUSB接続するとそのまま認識

繋がったのはいいけど、カメラをどーやって写すんだと、試行錯誤していたら
Windows8.1はメニューの中にカメラがあり、起動するとwebカメラが表示され見ることが出来ました(全画面表示)

遠隔操作はTeamViewerを利用、接続はこんな感じ
TeamViewer⇒インターネット⇒TeamViewer⇒カメラアプリ起動⇒webカメラ⇒iPad Miniに向け表示

https://www.teamviewer.com/ja/

百聞は一見にしかず

ほんともう、マジこれ

アプリのインストール時に
「入手」⇒「インストール」⇒「時計が回りだす」の、インストールをタップしていなかったので、アプリが入らなかった

設定しようとしていたのは「SMARTalk」
http://ip-phone-smart.jp/

こちらの手元にも同じものがあれば同じように表示しながら電話がベストですが
目の前にあるそれが見えないことで募るイライラ無くなります (こちらの想定外のこと)

無事設定でき、電話できるようになりました

今までパソコンの中だけ見えていたのが、パソコンの外も全て見れるようになりました

購入したのはMicrosoft webカメラ

720P対応かなり高画質
買ったのはこちら。ノートPC上部に付けれる

固定するのに必要な、三脚も購入

手元を写すならこういうものも

スポンサーリンク


関連する記事:3件


  • follow us in feedly