2015年7月16日

docomo,au,sb版iPhoneをMVNO SIM(格安SIM)で使うためには?

MVNO SIMを使うにはキャリア版(docomo,au,softbank)で方法が異なります
わかっていれば単純なのですが、わからないと難しいのがこの関係

docomo版iPhoneにはdocomoのSIMしか認識しないシムロック(simlock)がかかっています
同様にau版はauのSIM、softbank版はsoftbankのSIMといった感じです
シムロックがかかっていないのがシムフリーiPhoneです。どの電話会社のシム(SIM)でも使えます

例えば、「docomo版iPhone」は「docomoのMVNO SIM」に差し替え、「APN設定」をするとLTE通信できるようになります
ケース別に記述してみました

音声電話を使わず、データ通信のみでよい場合
 1.新規契約してSIMを差し替え

音声電話+データ通信で電話番号が変わっても良い場合
 1.新規契約してSIMを差し替え
 2.友達に電話番号が変わった連絡

音声電話+データ通信で今使っている電話番号をそのまま使いたい場合
 1.「MNP予約番号」を発行(手数料2000円税別)
 2.MVNOにMNP(手数料3000円税別) MVNOを扱っている店舗でのMNPでなければ、電話が不通となる期間があります
 3.電話番号がそのまま通話に使えます

・docomo MNP番号の発行方法
※docomo.ne.jpのメアドは使えなくなります

「MNP予約番号の発行」 151(9時~20時)
携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/change_release/mnp_release/

・au MNP予約番号の発行方法
※ezweb.ne.jpのメアドは使えなくなります

「MNP予約番号の発行」 0077-75470(9時~20時)
http://www.au.kddi.com/support/mobile/procedure/contract/cancel/cancellation/procedure-mnp/

・softbank MNP予約番号の発行方法
※softbank.jp softbank.ne.jpのメアドは使えなくなります

「MNP予約番号の発行」 *5533 0800-100-5533(9時~20時)
http://www.softbank.jp/mobile/support/cancellation/mnp/


docomo版 iPhoneの場合

・iPhone5s/iPhone6

「OCNモバイルOne」「IIJmio」のnano SIMを契約

SIMを差し替え、APNを設定すると通信可能

APN設定
http://www.unlockit.co.nz/
Wi-Fi接続された状態のSafariで開いてAPNを作成でキャリアを選択すると簡単に設定できます
OCNモバイルONE
IIJmio
を選べばそのまま使えます


au版iPhoneの場合

iOSのバージョンとPRLによりLTE通信できない問題があるのでそれぞれ記述


・iPhone5 6.1.x(14.0)
・iPhone5s/5c 7.1.x(16.1)

「UQ Mobile」「mineo」のnano SIMを契約

届いたSIMに差し替え

APNを設定 Wi-Fi接続してSafariで契約した方を選択
http://mineo.jp/apn/mineo.mobileconfig
http://www.uqmobile.jp/apn/UQmobile.mobileconfig
インストールを選択
パスワードを入力
完了をタップ

※iOSのバージョンアップとPRL更新は厳禁

・iPhone5s/iPhone6 8.x

下記4択からお好みで選んでください

1.現在のiPhoneを売却してdocomo版iPhoneを中古購入
2.現在のiPhoneを売却してシムフリーiPhoneを新規購入
3.「ファクトリーアンロックサービス」を使う

キャリア版iPhone6をSIMフリーにできるファクトリーアンロックをやってみた
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/266/266110/

iPhone4/4s 1万5000円~2万2000円前後
iPhone5/5s 2万4000円~3万3000円前後
iPhone6/6 Plus 3万5000円~3万8000円前後
※2014年10月現在(為替などによって変動する)

正確な値段は下記にお問い合わせを
私が問い合わせた時は「docomo版iPhone5s」「$2,200 香港ドル」でした

香港小龍科技有限公司(ファクトリーアンロックサービス)
http://xiaolongchakan.com/

ファクトリーアンロックするとdocomoのSIMを認識するようになるので、好きなMVNOを契約


4.下記のAPN構成プロファイルを使うことでLTE通信できるようになります
※7/13の話題なので今後に注目(まだ安定していないそうです)

mineo用APN
http://blogram.net/wp-content/uploads/mineo-cellular.mobileconfig

UQ mobile用APN
http://blogram.net/wp-content/uploads/UQmobile-cellular.mobileconfig

XperiaでUQ mobileとmineo両方使った私のおすすめはUQ Mobile

mineoはUQ Mobileより料金プランが豊富


Softbank版 iPhoneの場合

・iPhone5s/iPhone6

MVNO設立準備中なので、現在そのままでは使えません

1~3でお好みを選択

1.現在のiPhoneを売却してdocomo版iPhoneを中古購入
2.現在のiPhoneを売却してシムフリーiPhoneを新規購入
3.「ファクトリーアンロックサービス」を使う
  アンロックすればdocomoのSIMを刺しても認識するようになるので、好きなMVNOを契約


MVNO目的でiPhoneを購入するなら

docomo版がそのまま使えるので良いです

SIM差し替えで使えるシムフリーiPhoneも良いです(お高いんですけどね)

au版はIIJの技術力に期待

スポンサーリンク


関連する記事:6件


  • follow us in feedly