2013年9月 7日

HDE OTP generatorの2要素認証設定を他端末に持っていく方法

ga130904.png

9/4にGoogle Autheticatorが設定を全部吹っ飛ばすアップデートから
新しいiPhone5に2要素認証の設定をしとかないとなぁと思い
やってみたら出来たのでメモ代わりに記述しておきます

使うもの
HDE OTP generatorで2要素認証設定済みの端末(iOS 5.1.1 iPod touch 4th)
HDE OTPを入れたばかりの何も設定していない端末(iOS 6.1.4 iPhone5)

使ったツールは i-funbox http://www.i-funbox.com/
i-funboxの起動にはiTunesも必要なので入れて置いてください

データ吸出し

元の設定データを「設定済みの端末より」吸い出します
パソコンに「設定済み端末」を接続して、i-funboxを起動します

hde130907.png

必要なのは
・HDE OTP/Library/Caches/jp.co.hde.totpgen/Cache.db
・HDE OTP/Library/Preferences/jp.co.hde.totpgen.plist
の二つのファイルです

Libraryディレクトリを選択してPCへコピーで適当なディレクトリにコピーします
ファイルをコピーしたら用済みなので「安全な機器取り外しで接続解除」して取り外してください

吸い出したデータ書き込み

新しいiPhone5に「HDE OTP generator」をインストールします

HDE OTP Generator 1.2.0(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: HDE, Inc. - HDE,INC.(サイズ: 1.4 MB)
全てのバージョンの評価: (11件の評価)


iPhone5をPCに接続してi-funboxで
・HDE OTP/Library/Caches/ ディレクトリに行き
 jp.co.hde.totpgenディレクトリ毎コピー

・HDE OTP/Library/Preferences/ ディレクトリに行き
 jp.co.hde.totpgen.plistをコピー

コピーが終わったら安全な機器取り外しで接続解除

HDE OTPを起動して、元の端末と同じデータが表示されていたら完了です!
私の場合はパスコードロックをかけているので、パスコードが出てきた段階でガッツポーズでした!!

hde1309071.png

これで2要素認証を確認できる端末は
・iPod Touch
・iPhone4S
・iPhone5
3台になりました!


そういえば
Google Autheticator 1.xの入った端末から
Google Autheticator 2.xの入った端末に同じ事をしようとしたら出来ませんでした!
設定が消えたのだからそういやそうか!?


関連記事

HDE OTP バージョンアップでYahooワンタイムパスワードに対応!
http://kuni92.net/2013/04/hde-otp-yahoo.html

覚書 AWS Multi-Factor Authentication 2段階認証 設定方法
http://kuni92.net/2013/01/aws-multi-factor-authentication2.html

dropboxの2段階認証を有効にする
http://kuni92.net/2012/08/dropbox.html

iPhone、iPod、iPad内のセーブデータをi-FunBoxで移動(Backup)
http://kuni92.net/2012/09/iphoneipodipadi-funboxbackup.html

スポンサーリンク


関連する記事:3件


  • follow us in feedly