2022年1月10日

CentOS 7 Kernel を 5.4系(kernel-lt)に変更する

CentOS 5系のデフォルトKernelは 3.10.x だと思いますが、これを 5.4.x に変更します
変更すると、OSのパフォーマンスが良くなります

・現状のKernel確認
# uname -a
Linux xxxxxx 3.10.0-1160.49.1.el7.x86_64 #1 SMP Tue Nov 30 15:51:32 UTC 2021 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

・入れ替えるKernelは二つあります。今回は 5.4系のkernel-ltを選択
kernel-lt (Long Term support) 5.4.x
kernel-ml (MainLine stable) 5.15.x

elrepoで確認できます
https://elrepo.org/linux/kernel/el7/x86_64/RPMS/

下記は例として kernel-lt の場合です
※kernel-mlの場合は ltをmlに入れ替えてください

まずやること elerepo のGPG-KEY と リポジトリ設定をインストール
# rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
# rpm -Uvh https://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-4.el7.elrepo.noarch.rpm

明示的にelrepo-kernel を有効にして kernel-lt をインストールします
# yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-lt

インストールされたか下記コマンドで確認
# awk -F\' '$1=="menuentry " {print i++ " : " $2}' /etc/grub2.cfg
0 : CentOS Linux (5.4.168-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
1 : CentOS Linux (3.10.0-1160.49.1.el7.x86_64) 7 (Core)
2 : CentOS Linux (3.10.0-1160.45.1.el7.x86_64) 7 (Core)
3 : CentOS Linux (3.10.0-1160.42.2.el7.x86_64) 7 (Core)
4 : CentOS Linux (3.10.0-1160.41.1.el7.x86_64) 7 (Core)
5 : CentOS Linux (3.10.0-1160.36.2.el7.x86_64) 7 (Core)
6 : CentOS Linux 7 Rescue 0a0aae2d5050e6de0380b602ffd4ccf0 (3.10.0-1062.9.1.el7.x86_64)
7 : CentOS Linux (0-rescue-4772533464955a06af3d862951e2acc1) 7 (Core)

5.4.168をデフォルトにするために下記コマンドを実行
# grub2-set-default 0

設定の確認
# grub2-editenv list
saved_entry=0

まだ3.10.x系の設定が残っているので、 kernel-tools-libs kernel-lt-tools-libs をインストール
# yum --enablerepo=elrepo-kernel swap kernel-tools-libs kernel-lt-tools-libs

続いて kernel-lt-tools をインストール(上記3種類とインストールは分けた方がいいそうです)
# yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-lt-tools

ここまで全部インストールできたら、再起動できちんと動くか確認
# reboot

いつもkernel updateの後に再起動は緊張の瞬間


ログインして uname -a で Kernel を確認
# uname -a
Linux xxxx 5.4.168-1.el7.elrepo.x86_64 #1 SMP Tue Dec 21 12:52:10 EST 2021 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

最後に elrepo.repo elrepo-kernel を常に有効に変更
# vi /etc/yum.repos.d/elrepo.repo
[elrepo-kernel]
enabled=1
0から1に変更して保存

※Kernelの自動バージョンアップしたくない場合は yum.conf に「exclude=kernel*」を追加しましょう
# vi /etc/yum.conf
exclude=kernel*

3.0から5.4では同じ負荷がかかっても若干Load averageが下がりました


参考:【初心者向け】カーネルアップデートの方法【CentOS7】
https://hackers-high.com/linux/update-centos-kernel/

参考:CentOS 7でkernel 5.0 が出たので上げてみた。
https://higherhope.net/?p=3712

参考:CentOS7のカーネルを3系から5系に上げる
https://heavymoon.hateblo.jp/entry/2020/04/24/000000

スポンサーリンク



  • follow us in feedly