2021年3月31日

postfixでフィッシングメールをreject

最近特定のドメインからよくフィッシングメールが飛んでくるのでpostfixで排除しました

main.cfで有効にするのは

header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks

header_checksに記述するのは

/^Received: from exsample\.jp/ OK
/^Received: .*\.static\.cnode\.io \[/ REJECT
/^Received: .*\.static\.conoha\.io \[/ REJECT

なぜか同じところを使っているので
許可する場合は「exsample.jp」を通過(OK)
通過させたくないメールをすべて REJECT

CentOS 7,8なら

systemctl reload postfix

CentOS 6なら

service postfix reload

で反映されます

これでいちいちフィッシングメールを確認しなくてよくなりました
Amazon
MyJcb
rakuten
三菱UFJニコス
三井住友カード
いろいろなところを語ってくるので要注意です

スポンサーリンク



  • follow us in feedly