2015年12月24日

ふるさと納税でハードディスクを貰うなら?

ふるさと納税でハードディスクあるかなと調べたら、一つだけありました

長野県伊那市 ふるさと納税
http://www.inacity.jp/kurashi/zeikin/furusatokifu/furusato_oen.html

Logitecの本社が「長野県伊那市」
http://www.logitec.co.jp/inas/company/companydate/index.html

もらえるハードディスクは?

伊那市に2万円の寄付で1TBのポータブルハードディスク
LHD-PBM10U3BK

伊那市に3万円の寄付で2TBのポータブルハードディスク

LHD-EN20U3WSWH http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLHD-EN20U3WSWH/
LHD-EN2000U3WS http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLHD-EN2000U3WS/

中身はWestan DigitalのBLUEシリーズ

nasneやtorneに繋げますし。USB HDDが取り付けられるTVにも使えます

3万円寄付できるのは

総務省の控除上限額の早見表より
http://www.soumu.go.jp/main_content/000254926.pdf

独身又は共働き 300万円~ 31,000円
夫婦又は共働き子一人(高校生) 350万円~ 30,000円
共働で子一人(大学生) 400万円~ 34,000円
夫婦+子一人(高校生) 400万円~ 30,000円
共働きで子二人(大学生と高校生) 450万円~ 34,000円
夫婦+子二人(大学生と高校生) 500万円~ 33,000円

共働きは配偶者の給与収入が141万円以上
夫婦は配偶者に収入なし。専業主婦
高校生は16~18歳の扶養親族
大学生は19~22歳の特定扶養親族
中学生以下の子供がいる場合は、独身又は共働きになります


返礼品で盛り上がっていますが

例えば、返礼品がほとんど無い東京23区内の人が、長野県伊那市に3万円寄付すると

23区 翌年▲28000円の住民税減
伊那市 「30000円の収入」-「HDD購入と送料負担」=税収+
寄付した人 2000円の自己負担と1万円相当の2TBハードディスク

さて、誰が得をして誰が損をしているでしょうか?


ちょっと考えてみてくださいね

制度を使わない人、制度を活用できていない自治体が損をする仕組みです

ふるさと納税 ブームが問うものは
http://www9.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3605_all.html

ふるさと納税ブームに潜む地方衰退の「罠」
http://toyokeizai.net/articles/-/95571

スポンサーリンク


関連する記事:3件


  • follow us in feedly