2015年9月13日

スギ花粉治療 舌下免疫療法 or 皮下注射免疫療法どちらにしたか

来年のスギ花粉シーズンを軽くするために治療を開始しました

今年治療を始めたのは、舌下免疫療法が保険診療開始されたから
鳥居製薬の「シダトレン スギ花粉舌下液」がキーワードです

鳥居薬品のアレルゲン免疫療法ナビ
http://www.torii-alg.jp/
こちらで相談施設の検索やアレルゲンの詳細を知ることが出来ます

舌下免疫療法 or 皮下注射免疫療法

今年から保険適用になったのが舌下免疫療法で、皮下注射免疫療法は数年前から保険適用でした
今から思えば皮下注射免疫療法なら、もっと前から対策することが出来た...知らなかっただけ状態

どちらを選んでも2年以上続けて治療するのが前提

・舌下免疫療法
 毎日必ず薬剤(シダトレン スギ花粉舌下液)を舌の中に入れて2分間維持。その後5分間はうがいや飲食不可
 15/9/30まで、処方箋貰うために2週毎通院
 15/10/1~、処方箋貰うために月一通院
 薬剤は冷蔵庫にて保管

・皮下注射免疫療法
 都度病院にいき、注射
 徐々に濃度を濃くして、適正量になるまでに27回。週2程度。翌日も可
 適正量後は月一の通院


まずはアレルギー検査

初診料+アレルギー検査で5000円程
調べた項目と数値
・スギ 17.50
・ヒノキ 1.74
・ダニ 1.22
・ハウスダスト 1.10
・かもがや 0
・IGE値 182
・他必要ならお好みで(検査料金あがります)

ずっと昔のアレルギー検査報告書を見ると
スギ 3
ヨモギ 1
クラドスポリウム 1

今回、ヒノキにも反応していたことが判明!知らんかった

アレルギー検査の結果が出るのは3日後くらいなので、最短で初診から3日後から治療開始となります

今のところ
舌下免疫療法は「スギ」だけです。ダニがそろそろ?
皮下注射免疫療法は「スギ、ハウスダスト、ブタクサ、カモガヤ」
ハウスダストも一緒にやりますか?と聞かれましたが、そんなにひどくない気がするので選択せず

色々考えて皮下注射免疫療法にしました

舌下
・2年間毎日薬剤を舌の下に2分間保持。5分間うがい、飲食ダメ。(続ける自信が...)
・薬剤を冷蔵庫で保存。冷蔵庫あるけど3.11以降使ってない(通電していない、薬剤保存のために電気使いたくない)

皮下注射
・通院は職場から徒歩10分かからない、最初週2で通院すればよい(たぶん可能)
・適正量(27回通院)まで上がった後は月に一度でよい

ざっくりとした要素とどちらが続けられるか(楽か)で判断した結果
最初から最後まで同じ調子 or 最初きついけど、後が楽。当然、後者を選択

とりあえず治療開始

2月のシーズンまであまりないので、花粉症の治療を考えている方はまず相談してみましょう
下記より最寄のお医者さん探せます
http://www.torii-alg.jp/mapsearch/

9/9から開始したのですが、今からだとぎりぎり間に合うくらいだねとお医者さんにいわれました
週2回通院で27回目が終わるのが12月の2週目。花粉は2月から飛ぶので確かにぎりぎりです

メンタルも不調になるあの憂鬱なシーズンがなくなると思えば通院できます

忙しい方には下記のようなセットもありますが、保険きかないので病院に行く方が安いです

舌下免疫療法をはじめた司法書士、坂根さんの記事


参考:

花粉症地獄にお別れを 「舌下減感作療法」の効果は
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83978080V00C15A3000000/

シダトレン スギ花粉:日本初の舌下免疫療法薬
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201403/535370.html

アシテア:室温保存可能な国内初のダニ舌下錠
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201505/542187.html

スポンサーリンク


関連する記事:1件


  • follow us in feedly