2013年12月16日

Kasperskyのラインセンス形態が変わったのでメモ

KasperskyとはKaspersky Internet Security 6.0から使っているのですが、ここ数年でラインセンス形態が変わってきているのでメモとして残しておきます

私がKasperskyを使っている理由は
第三者機関の評価が悪くない
広告排除が楽
ファイアウォールの性能がよい
スクリーンスクラッパー対策に早くから取り組んでいる(2009年より)
でしょうか

広告排除は「設定⇒アンチバナー⇒アンチバナーを有効にする」で遮断できます
ブラウザに広告遮断のプラグイン(adblockなど)要りません

ka1312161.png

ka1312162.png


比較参考になりそうな所

http://www.matousec.com/projects/proactive-security-challenge-64/results.php

ka1312164.png

http://www.matousec.com/projects/proactive-security-challenge/results.php

ka1312165.png


http://www.av-comparatives.org/
http://www.av-test.org/en/tests/home-user/
http://www.virusbtn.com/vb100/archive/vendors
http://www.westcoastlabs.com/
http://www.icsalabs.com/icsa/icsahome.php


2014年版の変更点

「2013年マルチプラットフォームセキュリティ プライベート版」はPC,ノート,タブレット,スマホなど10台にインストール可能だったのが
「2014年マルチプラットフォームセキュリティ」は「ファミリー版」「プライベート版」に細かく分かれ

ファミリー版 同一世帯なら利用制限無し(11台目からはサポートに電話)
プライベート版 個人の所有する機器であれば台数制限なし(11台目からはサポートに電話)
ka1312163.png

他X台版
「カスペルスキー2013 マルチプラットフォームセキュリティ 1年3台版」3台にインストール可能


カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ

スポンサーリンク



  • follow us in feedly