2013年5月24日

2.5G無線LAN中継器 LAN-RPT01BK 試してみた

lan130524.jpg

無線LANの届きにくいエリアに届くように設置すると効果があります
完全に届かないところは中継できないのでNG

イメージは
無線ルーター ⇒ 中継器(LAN-RPT01BK) ⇒ iPhone,Android端末

親機の距離がちかいのに、下記のように繋がらず、上記のように繋がることもあります
無線ルーター ⇒ iPhone,Android端末

なので、設置場所と無線出力に調整が必要です
あと、写真のようにコンセントを完全に占領するのでコンセントの場所を選びます

設定

wi1305281.jpg

設定は下部にあるLANポートとPCを直結してから、無線LAN親機と接続します
設定がすんだらコンセントにさして、起動させます。1分くらいで親機の電波をつかみます

設置場所の測定

ベストな位置を把握するためにSPEEDTESTを試しました

LAN-PRT01BKが親機と無線接続されているかは
上から二つ目のLEDで確認できます
光っていたら接続されていて、消えていたら接続が切れています

※常時光っている場所に設置を、付いたり切れたりしている場所はNG

1,2 無線LAN親機から直接の速度
3,4 会議室内のコンセントに設置した時の速度 

lan1305243.png
あまり変わりません・・・マジか
アンテナMAXになっていたから速いと思ったのは錯覚・・・

次に
無線LAN親機から直接の速度、LAN-RPT01BKの設置場所をかえた速度です

1 LAN-RPT01BKを使わずに親機の見える位置(2~3m)の速度
2 入口近くのコンセントに設置した時の速度

lan1305244.png
アップダウン共に速度出ています。なので入口近くのコンセントに差しておくことにしました

※親機の速度を測った以外は、全て同じ場所に置いてからの計測です

2.5Gの混線は以前より更に酷く、時折強力な電波が出ているので切断されることがあります
最初の画像2のアップが0になったのは切断

切断されるエリアでも設置場所により届くようになるので、SPEEDTESTでトライ&エラーで試す人によい製品です

iPhone5でも試してみた

日を変えてiPhone5で計測してみました

1.2.LAN-RPT01BK経由(iPodと同じ位置です)
3.4.親機から2~3mの距離

1と3はアンテナを下記のように伸ばした状態
2と4はアンテナを格納した状態

ip1305271.jpg

ip1305272.png

このケース効果ありますね!
実用重視の私が選んだケースはこれ↓

iPhone5の無線LAN感度アップケースがamazonで20%OFF
http://kuni92.net/2013/04/iphone5lanamazon20off.html

記事中の製品


HTMLソース覗くと

いろいろできることに気付きました。Realtek製。
・menu.asp
・syslog.asp
あたりが役立ちます。直接入力してください

出力を70%に変えて安定しました。
syslog中のMACアドレスを見てどのへんまで拾うかとかかなり遊べます(チューニング次第)

その他情報

公式サイト LAN-PRT01BK
http://www.logitec.co.jp/products/relay/lanrpt01bk/

マニュアル
http://dl.logitec.co.jp/index.php?pn=LAN-RPT01BK

コンセント直結で使える手軽な無線LAN中継機 ロジテック「LAN-RPT01BK」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20130326_593104.html


無線LANの調子が悪い時 混線調査 inSSIDer
http://kuni92.net/2011/08/lan-inssider.html

スポンサーリンク



  • follow us in feedly