2013年3月22日

feedburnerの読者数が0でもアクセスログを追えばわかるよ

読者数が0になったという記事をよく見かけるので
apacheなりnginxなりhttpサーバーのアクセスログを「subscribers」で検索かけると見つかります

photo credit: Frank Gruber via photopin cc

Google Readerの場合

209.85.238.204 - - [22/Mar/2013:02:39:46 +0900] "GET /index.rdf HTTP/1.1" 301 178 "-" "Feedfetcher-Google; (+http://www.google.com/feedfetcher.html; xxx subscribers; feed-id=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx)" "-"

Livedoor Readerの場合

203.104.98.221 - - [22/Mar/2013:02:25:40 +0900] "GET /index.rdf HTTP/1.1" 301 178 "-" "livedoor FeedFetcher/0.01 (http://reader.livedoor.com/; xxx subscribers)" "-"

xxxが読者人数です

HTTPレスポンスコードが301なのは移転前のURLをそのまま引き継いでいるためです
redirect 301しているのに新しいほうに取りに行ってくれないという罠

---

RSSのURLを http://feeds.kuni92.net/kuni92net としているのは feedburner のサービスが終了しても、自分のドメインなのでRSSのあるURLにredirectできるようにしているためです

独自ドメインを持っているのに http://feeds.feedburner.com/kuni92net とかなっている人はfeedburnerが終了するとRSS使ってる人が迷子になるので自分のドメインに変えておいたほうが良いと思います(読者数が0になるとかデメリットもあるy)


独自ドメインのfeedburnerを設定する時に参考にしたのは
「マイ・ブランドを使ってFeedburnerのRSS URLを独自ドメインにする設定方法。」です
http://wayohoo.com/blog/tips/how-to-feedburner-my-brand.html

設定はここから
http://feedburner.google.com/fb/a/mybrand

---

補足 feeds.kuni92.netが使えなくなった時に
nginxでの設定方法

server {
listen 80;
server_name feeds.kuni92.net;
access_log /var/log/nginx/feeds.kuni92.net_access.log main;
rewrite ^/kuni92net http://kuni92.net/atom.xml permanent;
}

apacheでの設定方法

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot /exsample
ServerName feeds.kuni92.net
ErrorLog logs/feeds.kuni92.net-error_log
CustomLog logs/feeds.kuni92.net-access_log combined
RewriteEngine on
Redirect 301 /kuni92net http://kuni92.net/atom.xml
</VirtualHost>

スポンサーリンク



  • follow us in feedly