2008年3月24日

hostsRenew 0.09

hostsについてのいい説明がないけど、下記参照
http://www.geocities.jp/oh_chan_jp/notes/tech/memo_hosts.txt
UNIX(linux,FreeBSD,Soralisとかなら/etc/hosts,/etc/resolv.confあたりのこと)

Hostsに書いておけば実際はちがってもそこにアクセスして
罠サイトやら罠ドメインを記述しておけば見れないから汚染される確立が下がるってことで

http://acopri.rowiki.jp/index.php?hostsRenewScript
からhostsRenew009.zipとってくる。
http://www.christopherlewis.com/WGet/WGetFiles.htm
wgetもとってくる(動作確認済みのStabel 1.10.2b)
http://www.christopherlewis.com/WGet/wget-1.10.2b.zip

両方いっしょのディレクトリに放り込んで hostsRenew.vbs を実行すると
hostsファイルが書き換わる

普通ならこのあたり
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

毎回実行するのはめんどくさいので、 hostsRenew.vbs のショートカットを作成して
スタートアップの中に放り込んでおくと、起動のたびに書き換わる

以上で設定は終わりだが
怪しいところはアクセスできないでいいというポリシーからカスタマイズしてある

gzipのダウンロード
http://www.gzip.org/
http://www.gzip.org/gzip124xN.zip
http://www.gzip.org/gzip124xN.exe
hostsRenew.cfgの書き換え
strURL(2)="http://smith.rowiki.jp/files/hosts.sample.gz"

http://smith.rowiki.jp/files/readme.txt.gz
上記hosts.sample.gzを使う場合はよんでねということで

hostsを修復する方法

http://www.microsoft.com/japan/athome/security/mrt/mrt_hosts.mspx
https://www.ccc.go.jp/detail/hosts/index.html

 

スポンサーリンク



  • follow us in feedly